福知山の歯医者の小児歯科

福知山の歯医者なら、よしだ歯科クリニック

完全予約制 | 水・日祝休診
0773223418

小児歯科

Treatment

小児歯科について

小児歯科について

「子供の歯はいずれ永久歯に生え変わるから、虫歯のまま放っておいても大丈夫」なんて思っていませんか?子供の虫歯は、お子様の将来の生活に大きく影響します。乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく関係しています。

乳歯はどうせ生え変わるものというのは間違いです。お子様の正常な成長発育には欠かせないものです。お子様のお口の中が、ずっと健康でいられることを第一に考え、お口の健康管理を行います。当クリニックでは小児矯正も行っていますので、お気軽に相談してください。

ほめほめ作戦と週末みがき

ほめほめ作戦と週末みがき

どんな子でも、ほめられることが大好きです。仕上げ磨きの時に静かにできるようになったら、家族だけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんに伝え、大げさにほめてもらいましょう。

近所のママ友達や先生など、周りの多くの人にほめてもらえれば効果絶大です。ほめ言葉のシャワーを浴びせてください。

また、週末にしっかりみがくことも有効です。最初は数秒でもみがけたらほめちぎり、おおげさに抱きしめてあげましょう。

歯磨き嫌いのタイプ別アプローチ

歯ブラシを見ただけで逃げる「歯磨き恐怖症」タイプ

歯磨きは決して怖いものではないことを教え、歯磨きテクの腕をあげましょう。歯磨きをテーマにした楽しくてかわいいしつけ絵本やビデオなどを見せるのもよいでしょう。その後、歯ブラシを持たせて、絵本の登場人物や人形の歯を磨かせます。

泣いて磨かせてくれない「号泣」タイプ

とにかく手早く手短にすませること。「あっ、アンパンマン!」など、子供が思わずハッとするようなことを言って、一瞬泣き止んだすきに、数秒でよいのでサッとみがいてしまいます。終わったら、少し大げさなくらいにほめちぎってあげてください。

歯磨き剤の味を嫌がる「こだわり」タイプ

歯磨き剤を別のタイプに切り替えてみましょう。歯科専用のものには、味や感触がマイルドなものが多くありますので、一度歯医者さんで試してみては?口がゆすげない場合は、研磨剤の入っていないフォーム(泡)状やジェルタイプがおすすめです。

首をふって嫌がる「イヤイヤ」タイプ

ふだんから抱っこやくすぐりっこ、髪をとかすなどで触れられていることに慣らし、ゴロゴロ芋虫、でんぐり返しなど、転がる遊びで姿勢の変化に対する恐怖を取り除きます。磨くときは子供の頭を両手ではさみます。お父さんにちょっと足をおさえてもらうなど、協力してもらっても。落ち着くまではなるべく手早く済ませるようにしてください。

歯ブラシを噛む「カミカミ」タイプ

歯ブラシを噛んでしまったら、口をこじ開けて歯ブラシを取り出したり、叱りつけたりせず、子供が口を開けるまでジーッと待ちましょう(その間、いつでも磨けるように構えていてください)。そして口を開けたすきにササッと磨いてしまい、「もう終わっちゃった!さすが!」とオーバーにほめてあげましょう。

全身で抵抗して嫌がる「大暴れ」タイプ

まずは磨き方などの問題がないかチェックしてください。時には1週間ほど歯磨きから離れ、毎日歯磨き絵本を読み聞かせたり、人形で歯磨きごっこをするなどして、お子さんの心をリセットしてあげましょう。それでもダメなら普段の歯磨きはあきらめ、歯磨きのかわりにフッ素スプレーを使ったり、食後のキシリトールタブレットなどで乗り切り、「週末みがき」をして様子をみてください。

よくあるご質問

子供の歯は虫歯になっても痛くない?

子供の歯(乳歯)の虫歯は大人の歯(永久歯)の虫歯よりも進行が速いのですが、痛みはあまり感じません。痛みを訴える頃には虫歯がかなり進行していることが多く、虫歯が神経まで達していることもよくあります。定期的にチェックを受けましょう。

子供の歯は生え変わるから、乳歯の虫歯は放っておいてもかまわない?

虫歯を放置することはよくありません。虫歯があるとうまく噛めなくなり、栄養を十分に摂ることができなくなります。神経まで達した虫歯を放置していると、歯の根っこに膿がたまり、後から生えてくる歯(後継永久歯)の形や質も影響を受けてしまいます。また、歯並びにも悪い影響を及ぼします。

福知山の歯医者なら、よしだ歯科クリニック

〒620-0035 京都府福知山市内記5-61

pagetop