福知山の歯医者の予防歯科

福知山の歯医者なら、よしだ歯科クリニック

完全予約制 | 水・日祝休診
0773223418

予防歯科

Treatment

予防歯科について

予防歯科について

みなさんは治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。

メンテナンスとは、私たちお口の専門家が歯科医院で、定期的にみなさんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。

予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院を訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。

そのため当クリニックでは治療終了後、定期的なメンテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、みなさんのご負担が少なくなるように進めていきます。

虫歯予防アイテム

キシリトールを上手く利用しましょう

虫歯予防アイテム

キシリトールを食べると2週間で歯垢が減り始め、3ヶ月ほど経つと虫歯になりにくくなると言われています。しかし、その後すぐにやめてしまうと、しばらくして再び虫歯菌が増え始めます。

虫歯予防のためには、まずは毎日続けてキシリトールを摂ることです。ただし、食べ過ぎると下痢を起こしますので、用量は守りましょう。

ポイント

➀キシリトールは100%配合のものを選びましょう。
②1日3回、1粒を毎食後に食べ、さらに歯磨き前に食べると効果的です。
③味がなくなっても5~10分間は噛みましょう。

フッ素を使って歯を強くしよう

フッ素を使って歯を強くしよう

フッ素は栄養素で、普段の生活で飲んだり食べたりしているものに入っています。主にお茶、紅茶、エビ、貝、塩、海藻、人参などに含まれています。また、世界中で虫歯予防のために使用されています。

フッ素の働き

➀歯の質を強くする
②再石灰化をうながす
③抗菌作用

フッ素の使用法としては、歯科医院で行うフッ素塗布や、ご家庭で行うフッ素洗口、フッ素入り歯磨き剤の使用があります。

様々なフッ素の使用法がありますが、一番効果的な使い方は、低濃度のものを毎日使うことです。できるだけ簡単で手軽で安価な方法ということで、毎日1分間のフッ素洗口をおすすめしています。

福知山の歯医者なら、よしだ歯科クリニック

〒620-0035 京都府福知山市内記5-61

pagetop